上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まいどどうも。
今日はイマイチやる気がなかったのでラバでボ-ッとブログ書いてました。
というか眠いですよ。
昨日がんばりすぎた。
大体ね、木刀4本作って強化したら全部壊れたしもう今日はどうでもいい。

とりあえずこの前作ったキャラのマクロテストとかしてました。
テストというか1から覚えてるようなもの。
押し間違えとか「あのマクロどこだっけ?」っていうのがかなりあるw
使えない男だなw
女キャラですけどね。
100830修行中
そしてジェロ牧場にて大量虐殺が行われたのでした。
あとはまぁちょっと練習すりゃいいや。
もう適当になってきてますけど気にしないでください。
ラバで某SL軍団様にアタックして殺されまくってくればちょっとは慣れるかね?w








真面目に錬成の話でもしてみます。
防具セットを作成する場合の抵抗の考察。


まず考え方から。
大体みんなアクセに付ける抵抗は防具の不足を補う為と考えます。
いや、これが普通なんだけどさ。
普通は防具で抵抗マックスならアクセに抵抗付けたりしないよね。
じゃあここでその考え方を変えてみます。
防具で抵抗は十分ある場合にアクセを使ってみる。
例として昨日適当に見繕った速度足の廉価版セットで試してみます。

昨日の状態がこんな感じです。
100830速度足1
アクセにあと1プロパづつ入ります。
抵抗は防具だけでマックスですがマナ増なんて0ですね。


この状態からアクセに抵抗を付けたとすると。

100830速度足2
こうなります。
赤い部分が違う箇所になります。
首腕手のFRが丁度全部8だったので上手い具合になりました。
アクセのプロパは選択の幅が狭まりますが
ステ増がアクセに付けるよりも大幅に効率的です。(強度的に)


どういうことかと言うと、
下の表をご覧ください。
※前提として木防具にはFR18まで錬成できます。
※ベ-スのFRは今回8でした。
100830抵抗
Aはベ-スの抵抗値です。

普通はAを錬成してBにします。
この場合、強度15使いますが8→18で10しか増加しません。
つまり強度15を使用して18のFRが得られます。

ここでAは8のままにして、Cのアクセを強度15抵抗にします。
そうすると上と同じ強度15で防具の8とアクセの15になります。
つまり強度15を使用して23のFRが得られます。


ここで同じ強度を使ってるにも関わらず1パ-ツに付き5の差が出てきます。
コレを組み合わせることによって上記セットのようにステUPを図ることが出来ます。
但し、アクセのプロパを使用するので一長一短あります。
アクセにPOT効果・CR・FC・スキルなどを入れたい場合には使いにくい方法ですが、
そういうのが不要であればこちらでやってみる価値はあると思います。


この話は聞くと「当たり前だろw」って思うような単純な話ですが、
案外気づかずにやってる人ばかりだと思いますよ。
商売上こういうのを書きすぎるのもどうかと思いますが!
まぁ参考までにどうぞ。


問題は店売りのセットをどっちで作ろうか?って事だな。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。